Archive for 5月, 2013

鵜飼乗船場の花植えを手伝ってきました。

Written by kayo on . Posted in ブログ

暑い日々がいきなり始まりましたが、皆さまいかがお過ごしですか?

福祉センター前にある“園芸福祉の花畑”に植えてある花たちも、ちょっとバテ気味です。

とはいえ、ネットワークのオブザーバー的存在の人が、こまめに水やりなどの手入れをしてくださっています。本当にもう、感謝感謝です。(と、ゴマをすって)

何はともあれ、一番感謝しているのは、花壇の花たちでしょうね。

 

さて、本題ですが。

三次観光協会さんから依頼がありまして(前のブログに事務局長がお知らせをしたと思いますが)、先日の5月11日(土)に鵜飼乗船場の花壇に花を植えました。

今日の天気とは違い、当日は曇り空。しかも時折雨粒が。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それでも、当ネットワーク会員のほかにも、ボランティアグループや地元地域の親子会など、多くの方が来られていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

“ひろしまフラワーフェスティバル”で使用したパンジーやペチュニアを貰い受けたそうで、植え方の説明は我がネットワークの会員さんが!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「まあ、どうしましょう」と言われてはいましたが…優しく語りかけておられました。

で、作業開始。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

位置を決めて→植えて→完成です。

ネットワーク会員で記念撮影。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

他のグループの方々と話ができ、楽しい半日となりました。私も、久しぶりに会う人がたくさんいて、楽しかったですよ。

観光協会さんからは

「ぜひ、今年の鵜飼に来てください!」と何度も言われていました。機会あらば、ぜひどうぞ。

 

さて、次回ネットワーク活動日は5月25日に福祉センター前の“園芸福祉の花畑”での作業になります。今回参加した時に、花をおすそ分けしていただきましたので、それを植えたりする予定です。また、地域別での活動もあるみたいですね。『地域別』と謳ってはいますが、興味があれば関係なく参加できるようです。

作業日が、灼熱みたいな暑さになりませんように、と祈りつつ。また、最近の天気で体調不良となりませんように、と皆さんの健康も祈りつつ。

お知らせ

Written by chihochiho on . Posted in 未分類

 

皆さんこんにちは。

最近、はなみずきが街中で次々と咲き始めましたね。

薄紅色が好きで、毎日見惚れて癒されています、事務局 宮﨑です。

 

先日、4/27(土)は園芸福祉の花畑にて、今年度初の園芸福祉活動を行いました。

たくさんの方の参加があり、みよしケーブルビジョンの撮影・放映(4/29夕方)もあり

出だし好調なネットワークです。

個性や経験、顔の広さを生かして、地区別の活動も動いています。

南部のピーナッツ、持ち帰られた方、その後植えてみてどうですか?何日くらいで眼がでるのかな?

北部の方、翌日のティパーティはいかがでしたか?噂のチューリップ、元気に育っていますか?

三次の方、バラが順調に育っていてよかったですね。次回の湧永庭園、楽しみですね。

西部の方、いろんな活動に参加して、まずは一緒に心と体を動かして楽しみましょう。

 

さて

2点お知らせがあります。

①鵜飼乗船場の花植栽作業

 2013年5月11日(土)9時から正午頃まで(雨天決行)

 十日市親水公園 鵜飼乗船場 にて、去年に引き続き、依頼をいただいてます。

 ひろしまフラワーフェスティバルにて使用された3000鉢、再利用して三次を華やかにしましょう。

 ②湧永庭園へ行こう

 2013年5月25日(土)定例活動終了後

 三次グループの企画です。子鹿医療療育センターのバラ管理にあたり、甲田町の湧永庭園に視察&観光★に行こうと、予定されています。

 都合の会う方は、当日集まったメンバーで動くそうなので、ぜひご参加ください。

 

こないだの花壇活動、私よりも若い世代の方がたくさん来られていたのがとても印象に残っています。

お手伝いしてくれ、盛り上げてくれた、彼ら彼女らに、感謝!(^^)!

また遊びに来てね~~~

 

それでは

お仕事の人もお休みの人も、素敵なゴールデンウィークを :-P

DSCF5040

 

 

 

 

 

植物と共に

青空のもと、植物を栽培する楽しみや喜びを共有する

講座の開催

園芸福祉士の養成や基礎知識、実践ノウハウ修得を目的とした講座を開催しています

園芸福祉の社会化

植物や園芸を通じた園芸福祉の地域づくり、意見交換や交流の機会などを促進します。